あなたの願いが次々叶う! 引き寄せの法則は「気分」がすべて!

引き寄せの法則は、自分が出すエネルギーの波長と同じ性質のものが引き寄せられてくるという法則です。

あなたのまわりにも、いつも「暗~い」感じの人っているでしょう?

それがその人の出しているエネルギーの波長です。

かと思えば、いつもものすごい元気な人っているでしょう?

こういった「雰囲気」がその人の出しているエネルギーの波長なんですね。

単純に考えると、暗い雰囲気か明るい雰囲気かで引き寄せるものが違ってくるということですね。

暗い波長を出していると暗い波長ばかりが集まってきます。

明るい波長を出していると明るい波長が集まってくるので、もっと明るくなっていきます。

この単純な法則がすべてです。

では、明るい波長とはどういうことか。

暗い波長とはどういうことか。

これが簡単そうで難しいことなんですね。

「暗い」というのは、外部から否定されたり、拒否されたり、奪われるときです。

言葉にするとわかりやすいです。

「嫌」「ダメ」「ちがう」「しない」「したくない」「嫌い」「ほしい」「かして」

なんとなく「嫌な気分」になる言葉ばかりですよね。

もう一つは、自分が外部に対して否定したり、拒否したり、奪おうとするときです。

相手からされる場合も、相手にする場合も、この「拒否・否定・奪う」という行為は「嫌な気分」をもたらします。

これが暗い波長。

明るい波長は反対です。

相手に認められる。

相手が理解してくれる。

相手から贈られる。

「はい」「そう!」「できる!」「しよう!」「好き!」「あげる」「どうぞ!」

それから、相手を認める。

相手を理解する。

相手に贈る。

こうしたことが「いい気分」にさせてくれ、そこから「ありがとう」という感謝が生まれます。

これが明るい波長。

まずはこれを理解することが「引き寄せの法則」のスタートなんです。

暗い波長で「あれがほしい」「これがほしい」とお願いばかり念じていても、それを引き寄せることは100%ないということ。

これがわからずに苦しんでいる人がほとんどだと思います。

 引き寄せの法則が、私の人生を変えました。

2年前には夢のようだったことが、今は次々に叶っています。

これは本当に幸せなことです。

それは次々に願いが叶っていくこともそうですが、自分の「気分」が「いい気分」であることが増えているということだからです。

この1年半の間、「いい気分」だったことが多かったということ。

今までは何とも感じないあたりまえのことだったのに、この1年半で1日のいろいろなあたりまえをとてもいい気分に感じるようになりました。

そのなかでも、温かいお湯につかる入浴と、おいしい食事、睡眠の楽しみ。

大好きなお酒を飲むこともそうですし、お休みの日に妻と出かけるのもそう。

こうした「あたりまえ」の日常を「いい気分」だと思えるようになったことが一番の収穫かも知れません。

私にとって「痛みがない」ということも本当に幸福なことです。

あたりまえのことを「いい気分」だと思えるようになったら、引き寄せははじまります。

そして、一番いい気分を増幅させるときはどんな時か。

それは、人から贈られたときよりも、人に贈ったときだということ。

電車の中で席を譲れた。

サプライズで友達の誕生日を祝った。

人に親切にできた。

こうしたとき、あふれるような喜びを感じることはありませんか?

これが「いい波長」なんですよ。

それがいろいろないいことを引き寄せてくるんです。

だからまず、人を否定したり、拒否したりするのはやめましょう。

相手を理解する心がけが必要です。

人に求めるのもやめましょう。

「ほしい」という言葉は、あなたに何も与えることなく、あなたから奪っていく言葉です。

そして、人に親切に毎日を過ごしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする