理解できるか?!引き寄せの法則のやり方!方法!しくみ!

引き寄せの法則とは、自分が思っていることを実際に引き寄せてくるという法則です。

これを理解するのは、実はなかなか難しいんです。

たとえば、働いても働いてもお金が入ってこない。

いつも貧乏。

引き寄せの法則では、こういう状態も「自分で引き寄せている」といいます。

自分が思っていることを実際に引き寄せますから、貧乏であるということは、「貧乏でいたい」と自分が思っているということなんですね。

これは信じがたい事実ですよね。

誰も自分が「貧乏でいたい」なんて思っていませんもん。

できればお金持ちになりたいと思ってますよね?

少なくとも私はそうでした。

「お金持ちになりたい」「お金持ちになりたい」と思い続けていても、すーっと貧乏。

これでは「引き寄せの法則」を理解することはとてもじゃないができません。

曲者! 潜在意識ってなに?!

引き寄せの法則では、表面意識で「お金持ちになりたい」と思っていても、潜在意識で「貧乏でいたい」と思っていると貧乏を引き寄せ続けるということをよくいいます。

お金持ちになりたいと思っているのに、お金持ちを見ると「絶対なんか悪いことして稼いでるって」とか「贅沢するなら寄付でもしろよ」とかいう気持ちが出てくるのは、お金持ちを潜在意識で嫌っていて、それが貧乏を引き寄せるという話ですね。

ほかにも、「楽して儲けることが悪い」と思っていたり、少ない労働でたくさんお金をもらうことに「罪悪感」があったりするのは、潜在意識でお金を嫌っているといいます。

この「潜在意識」というのも曲者で、なかなか理解することができないもの。

潜在意識に働きかけるには「自己催眠」がいいとか、「寝る前にイメージするのがいい」とかいろいろ言われていますが、これもなかなか理解できないんですよ。

どうしてそうなのかが、いまいち納得できない。

もう一つは、「貧乏でいたい」ということは、「今貧乏で、これからも貧乏でいたい」という意味ですよね。

「貧乏になりたくない」は貧乏の気分をイメージしますし、「お金持ちになりたい」も「今貧乏だから、お金持ちになりたい」なんで、「貧乏」を引き寄せるともいわれています。

この辺りの理論は、非常に難しくて理解に苦しみます。

理解できないと引き寄せは成功しないんです。

引き寄せの法則を理解するポイントは「気分」

いったん、こうした難しい理論を忘れてください。

そして、「いい気分でいる」ことだけを実践してみましょう

いい気分でいるということは、いい気分(になる出来事)を引き寄せます。

悪い気分でいると悪い気分(になる出来事)を引き寄せます。

請求書が毎日くる。

嫌な気分ですよね。

引き寄せの法則では、「それでも自分はもうお金持ちであると思え」といいます。

ムリでしょ。

請求書は毎日届いて、督促の電話が毎日鳴るのに、「自分がもうお金持ちだと思え」たってねぇ。

それでも、鏡の前に立って自分の顔を見ながら「俺は金持ちだ!」「俺は金持ちだ!」と自己催眠してみたり、寝る前に「私はお金持ちです。無限の富が雪崩のように舞い込んできます」とか唱えてアファメーションしたって、気分はずっと暗いまま。

嫌な気分でいることに変わりはありません。

これが表面意識と潜在意識なんですよ。

表面上は自己催眠やらアファメーションやら、引き寄せの実践を一生懸命やります。

これでもか!というくらいにしますよね?

でも潜在意識では、ずーっと嫌な気分。

不安な気分。

暗い気分なんですね。

これでは引き寄せるのは貧乏だけでなく、不安(になる出来事)、暗い気分(になる出来事)を引き寄せていきます。

とにかく「いい気分」を保て!

なので、まずは好きな服を着るとか、好きな音楽を聞くとか、好きな場所へ行くとか、なんでもいいから自分を「いい気分」にすることです。

これが最も大切!

バイトを増やして収入を増やすことで安心していい気分になるならそれでもいいです。

なんでもいいのでとにかく自分をいい気分にさせること

そしてそれを持続させること。

これが最も重要です!

話はずいぶんそれましたが、それでも引き寄せの法則を理解できたとは言えないですよね。

いい気分でいることが大切なのはわかったけど、それがなぜいいことを引き寄せるの?

これにもいろいろな解釈があります。

まずは目線が変わること。

嫌な気分で世界を見ると、世界は嫌な世界に見えるもの。

誰もかれも自分の敵に思えますし、何もかも理不尽に思えます。

いい気分で世界を見ると、世界は素晴らしく見えるもの。

いい人ばかりに思えるし、自分が恵まれていることに気づきます。

そして引き寄せの法則です。

これは法則なので、説明できないんですが、同じ性質のものは集まるという法則でこの世界はできています

これは「類友」と言う言葉があるように、似た者同士が集まるということ。

人間だけでなく、世の中のものはすべて似た者同士が集まるという法則があるのです。

いい気分でいると、それはいい気分のエネルギーですから、いい気分のエネルギーが集まってくるんですね。

それがもっといい気分になる出来事を起こすのです。

これが引き寄せの法則です。

これは毎日毎日24時間365日働いている法則です。

今あなたが出している気分も、同じ性質のエネルギーを引き寄せてきます。

今まであった嫌な出来事も、いい出来ごとも、自分が過去に出した「気分」が引き寄せていたということです。

理解できましたか?

これを理解しないと、ここから先には進めなくなります。

理解できない人は、もう一度読んで順序良く理解してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする