450万円の借金を消した引き寄せの法則との出会い

人生のどん底で、「引き寄せの法則」と出会う

「引き寄せの法則」

それは、どんな願いも叶える魔法の法則。

私は最初はそう思ってはいませんでした。

「そんなこともあるのかな」程度のもので、自分とは関係のないもの。

その私が、この法則を実践することで、まさか450万もの借金を消し、住宅ローンも心配することなく返済していけるようになるなんて!

テレビショッピングの出演者みたいな文章ですが、事実です。

しかもそれは、ほんの入り口にしかすぎず、これからが本番であると感じています!

その法則の存在自体は、以前からそういった本を書店で見つけていたので、知ってはいました。

ここ数年は、引き寄せの法則ブーム。

そういった本や雑誌もコンビニなどで売られるようになり、ネット上でもよく見る言葉になりつつあります。

ただ、それが「自分」と結びつくかといえば、やはりまったく結びつきはしません。

そんな私が、どうして「引き寄せの法則」を実践するようになったのか。

それは、図書館で見た一冊の本との出会いです。

失業し、就職活動をしていた当時の私には、時間だけはたくさんあったのです。

というか、時間以外にはありませんでした。

いい歳で何度も職を失い、自信は喪失。

プライドもズタズタでした。

それでも容赦なく送られてくる請求書の山と督促の電話。

年金を減じてもらう手続きや税金を免除してもらう申請にも何度も通いました。

理想の自分と現実の自分のギャップに、苦しい毎日を送っていたのです。

相談に乗ってくれた親戚や迷惑をかけっぱなしの親にも、申し訳ない気持ちと罪悪感で一杯。

もう、やり直せないんじゃないかと、薄暗い気分です。

これではいけない。

気分を変えないといけない。

その時私は、「この時間を無駄にしてはいけない。かねてから目標にしていた一千冊読書の時間にあてよう」と毎日ハローワークと図書館に通ようようにしたのです。

そして興味のある本を読み漁っていました。

図書館で見つけた一冊の書籍

「ザ・シークレット」と題されたその本は、私の冒険心をかきたてました。

これは、引き寄せの法則を知っている人たちからすると、一種のバイブルのようにいわれている本です。

この本にはいろいろ楽しい「仕掛け」がしてあり、読むのが楽しい本。

子供心をくすぐる内容になっているのです!

例えば、その紙質はカサカサしていて、茶色く薄汚れており、古い秘密の本でも読んでいるかのような、「気分」をあおる作り。

内容も、「今自分に起こっている!」という臨場感のあるもので、すべてが「体験談」で構成されていて、説得力もありました。

このシリーズは何冊か出ているのですが、なかでも2冊目の「ザ・キー」と3冊目の「ザ・マジック」はおすすめです。

とくに、「ザ・マジック」は内容がもっとも崇高で、引き寄せの法則の本質を学ぶにはもっとも適したテキストであるといえます。

この書籍は、引き寄せの法則についての基本的なことを、体験談形式で学ぶことができます。

また、今自分に起こっているというライブ感を体験できるつくりになっているのが特徴。

このシリーズは、全編がそうした内容になっています。

読むことで、「引き寄せの法則」をマスターできるように配慮されているのです。 

ザ・キー 

第二弾のこの書籍では、引き寄せの法則を実践する人たちが、必ずぶつかる壁をどう乗り越えるかが書かれています。

ザ・シークレットで学んだ知識を生かすうえで、開けなければいけない扉の「キー」というわけです。

ザ・マジック

こちらは引き寄せの法則の本質についての実践。

「魔法使いになれる書」との意味でマジックと名付けられています。

こちらも遊び心が満載で、「魔法の石」や「魔法の杖」などのアイテムを用意して取り組めば、気分は魔法使いさながらです。 

そして、その気分を味わうこと自体が、引き寄せの法則を成功させるのです!

引き寄せの法則との出会いは必然

人生で「引き寄せの法則」に出会うことは、偶然ではありません。

そもそも、引き寄せの法則は、知っていよう知っていまいと存在している「法則」です。

ただ、それに出会うことができたということは、偶然ではないのです。

あなたが、この文章を読んでいるのも偶然ではありません。

ぜひ、一日でも早く実践してください。

早ければ早いほどいいです。

かならず、100%人生が変わります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする