なりたち(原文) 限りなく向上せよ

根本原因の存在

すべてのものには「原因」があり「はじまり」がある。

これは理解できるであろうか。

あなたが地上に生まれるには、父親と母親の存在が必要であり、両親が生まれるには、祖父母の存在がそれぞれ必要であった。

同じように、人間が生活するには地球が必要であり、地球が環境を保つためには、太陽が必要であった。

こうしたものをたどっていくと、根本の原因に突き当たる。

これこそが「根本原因」であり、人間が「神」と呼ぶものである。

偶然はない

すべてのものは「偶然」には成り立たない。

「結果」が生じるには、必ず「原因」があるのだ。

すべてのものの「はじまり」には、「原因」が存在している。

それは、明らかに意思を持っていた。

例えば、チリやガスが空間にただよっていたとしても、「意志」がなければ、それが惑星を形成することは何億年待ってもありえない。

これは、カレーライスの材料が、何億年まっても勝手にカレーライスにならないことと同じである。

根本原因の創造

根本の意志は、まず、自らの意志で「存在」を生み出した。

それは宇宙を超えた空間であり、また宇宙であり、銀河であり、太陽系であり、地球であり、人間や生物である。

さらに、これらを発展、向上させるための「時間」を生み出した。

そして、向上の目標として「幸福」を生み出されたのである。

われわれが目指すべきは「幸福」である。

この一点を、間違ってはならない。

人間が、偶然の産物であり、自由にどこへでも行っていい存在であるなら、すべての世界は混沌とするであろう。

それは現状に似ている。

存在するすべてのものが目指すべきは「幸福」なのである。

ゆえに無限に向上せよ

まずは自らが「幸福」となれ。

さらには、身近なものたちを「幸福」で満たせ。

やがては世界中に「幸福」を弘めよ。

これこそが、すべての存在の「存在意義」なのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする