目の前が真っ暗?! それ、未来を拓く合図です!

ダメなときって何やってもダメですよね。

頑張ってもがんばっても空回り。

身体を壊したり、思いもよらぬ訃報が届いたり。

「もうどうしていいかわからない」

と、何もかも投げ出したくなってしまいます。

実は、こういうときこそ、これから引寄せが始まっていく合図なんですね。

その理由は、ひとつ。

引き寄せが始まると「環境が変わりだす」からです。

「いい気分」でいることをたんたんと繰り返す

引き寄せの法則は、とても簡単なものです。

「いい気分」でいるだけ。

これだけで、人生に必要なものはことごとく引き寄せられてきます。

ルールは二つだけです。

①他の人に迷惑をかけないこと

②自分に甘くならないこと

あとは、心から「いい気分」でいることです。

お金持ちになるにも、健康になるにも、結婚するにも、今よりよくなるには、今の環境から抜け出す必要があります。

その環境を抜け出すとき、一時的に「目の前が真っ暗」に思える出来事が起こるのです。

その中にあっても、たんたんと「いい気分」でいることを繰り返すことが大切なのです。

何かを暗示していることもある

今現在起こっている出来事は、やはり自分の出した「気分」が引き寄せた結果であることは間違いありません。

ひとつは、引き寄せの法則を実践する前の「気分」が引き寄せたものである場合。

もう一つは、知らず知らずに出ている「嫌な気分」が引き寄せたものである場合。

そして、「いい気分」がよいものを引き寄せ、それが環境を変えようとしている場合です。

大切なのは、二つ目。

知らず知らずに出ている「嫌な気分」です。

常に自分の気分をよく見ておかなければなりません。

怒り。

嫉妬。

不安。

罪悪感。

劣等感。

目の前に現れている「嫌な出来事」は、こうした「嫌な気分」を暗示しているともいえるのです。

すべてはうまくいっています

すべては「幸福」に向かって進んでいます。

個人個人の「思い」が個人の「幸不幸」を引き寄せ、集団の「思い」が「歴史」を作ります。

目の前の出来事が、どのように困難であっても、心を揺らしてはいけません。

すべてはうまくいっています。

すべてはうまくいっているのです。

その途中で、少し調整が起きているだけです。

ここで、投げ出しては逆戻り。

すべてはうまくいっているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする