苦しい時こそ、やるべきことをやる

健康状態を取り戻す

健康について、身体的にできることは3つ。

①栄養

一日三食 腹八分目 ゆっくりよく噛む

大切なことは、間食しないということ。

甘いものが食べたいとか、お酒が飲みたい場合、食事を少し減らし、食事のあとのデザートとして食べること。

「もう少し食べたい」がちょうどいい量。

②休養

夜に六時間以上しっかりと眠る

自律神経やホルモンのバランスを整えるために、夜に眠ることが大切。

スッキリ起きるには六時間、七時間半程度の睡眠が必要。

③運動

一日一万歩

一万歩は目安です。

痛みが出ず、じっとりと汗をかく程度の運動が必要。

痛みが出たり、息切れをするようならやり過ぎです。

経済状態を立て直す

ポイントは一つ。

収入の範囲で生活し、その中から、投資、寄付、貯金を行う

収入を増やすことを考えながらも、今ある収入のなかから投資、寄付、貯金を行うこと。

収入の範囲で生活できるよう節約すること。

足りなければ、収入を増やす工夫をすること。

人間関係を立て直す

人との付き合い方には3つの段階があります。

①気兼ねなく付き合っても大丈夫な人

②努力すればうまく付き合える人

③どうしてもうまく付き合えない人

この3つのタイプがいることを知っとくことが大切。

③のタイプの人とは、どうやってもうまくいきませんので、距離をとる以外にありません。

仕事場の上司や隣に住む人などの場合、転職、引越しを考えた方がいいでしょう。

問題は、出会う人が③のタイプばかりという人。

こういう人の場合、原因は自分にあります。

自分を変えることが大切。

ポイントは1つ。

「自分から優しく接する」

これだけです。

自分が相手にしてほしいように、相手にして上げます。

自分がしてほしくないことは、決してしません。

これだけです。

見返りは何も求めないこと。

人間関係を保つなら、「これだけしたら、これだけお返しがあるはず」と思ってはいけません。

お返しはないものと思って接しましょう。

「お返しがないから、これくらいでいい」とやさしさを制限してはいけません。

自分がしてほしいだけのことを相手にもして上げましょう。

仕事の状況を立て直す

仕事をうまく運ぶには、何よりも「時間管理」が大切です。

ポイントは、費やす時間を決めておくこと。

この仕事は何時まで。

この仕事は何時まで。

休憩は何時まで。

と、きちんと時間を定めておくことです。

とくに、ネットを見たり、スマホで動画を見たり、ゲームをしたりする時間は、リラックスするためにあってもいい時間ですが、これをダラダラやらないこと。

一日30分程度と時間を定め、その間に収めること。

時間を1分でも大切にする人は、やがて大きな時間を手に入れることができます。

これはお金も同じで、1円でも大切にする人は、やがて大きなお金に恵まれます。

人生は毎日の積み重ね

健康、経済、人間関係、仕事。

その問題もコツコツとやることが大切。

一円や一分、一口、一言をバカにせず、大切にできる人が、苦しい時期を乗り越えることができるのです。

苦しい時こそ、小さなことを大切にしていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする