どうすればお金に困らなくなるの? あめのもりみたまに聞いてみた!

毎月の支払いに追われたり、借金の返済などで困っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

働いても働いても給料は増えず、節約しても節約しても追いつかない。

そんな状況で苦しいこともよくあることです。

お金に困らないで生きていく方法はないのでしょうか。

今回は、そんな素朴な疑問を「あめのもりみたま」に投げかけてみようと思います。

自分を心から好きになること

それが結論のようです。

お金というものは実にシンプル

お金というものは、とてもシンプルなものです。

自分に入ってくるお金と、出ていくお金の二種類しかありません。

入ってくるお金「収入」が、出ていくお金「支出」より多ければ、お金に困らず、逆であれば借金ができます。

これが原則です。

お金に困っている多くの人は、この簡単な原則を理解していない人がほとんどです。

収入を増やすか、支出を抑えるか

お金に困らないためには、収入を増やすか、支出を抑えるか。

この二つしかありません。

どうしても「これ以上収入は増やせない」という場合、支出を抑える以外になく、「これ以上支出は減らせない」という場合、収入を増やすしかないのです。

収入と支出がいくらであるかを把握する

お金に困る人の特徴は、自分の収入と支出を細かく把握していないこと。

これが「お金に困る」ことの最大の原因です。

まず、月の収入はいくらで、支出がいくらで、いくら足りないのか、きちんと把握することです。

そもそもお金ってなに?

何もしなくても毎月大金を手に入れ、自由に使っても余る人もいれば、残業、休日出勤して一生懸命働いてもわずかな収入の人もいます。

この差は何でしょうか。

お金とは、生み出された「幸せ」

そもそもお金とは、自分が生み出した「幸せ」の量と比例します。

幸せそのものともいえます。

世の中にたくさんの「幸せ」を生み出した人は、それなりの収入があるはずです。

引き寄せるのは「愛」か「念」

また、エネルギーの強さで引き寄せるものでもあります。

世の中に、何の幸せも生んでいなくてもお金持ちな人はいます。

それは、エネルギ―で引き寄せているのです。

いわゆる引き寄せの法則です。

これは「決意」でもあります。

なにがなんでも手に入れるという「念」ともいえます。

お金は、誰かの生み出した「幸せ」です。

なので、幸せな人のところに引き寄せられてきます。

これが一つ目。

二つ目は、何が何でも手に入れるという強い決意、念、エネルギーによって引き寄せられてくるものです。

これは「引き寄せの法則」の原則でもあります。

お金を引き寄せるには、自分が幸せであること、人を幸せにできること。

こうした「愛」の力と、「絶対に手に入れる」という決意、念、エネルギーの二つの力があるわけです。

お金を手に入れるには?

お金は幸せです。

お金を手に入れようと思うなら、幸せになることです。

幸せとは、人それぞれ違うものではありません。

ここで言う幸せとは、いま与えられていることに感謝ができることです。

これが幸せを生みます。

幸せはお金と同じものなので、必ずお金が入ってきます。

問題は、他の人の念によって奪われる場合があるということです。

自分が生んだ「幸せ」「お金」が、念の強い人に持っていかれてしまうということ。

そのために、幸せな人でも貧しい人はいます。

念が弱い人、あるいは「自分を低く見積もっている人」といってもいいかも知れません。

お金に興味のない人もそうです。

お金に困らない方法はこれだ!

自分の持っている価値に気づくことです。

価値とは「幸せ」です。

「幸せ」とは自分が与えられているものに気づいて感謝ができることです。

私たちは、一人残らずどの人も、現時点で無限のエネルギーを与えられています。

生命。

太陽。

地球。

空気。

水。

緑。

雲。

青い空。

豊かな大地。

この無限のエネルギーに気づけば、無限に感謝が溢れてきます。

それは無限の幸せです。

だとするなら、私たちは一人残らず「無限のお金」を手にすることができるはずです。

私たち一人ひとりは、そうした無限の価値を持って生まれてきているのです。

自分をちっぽけだと思ってはいけません。

自分には、なんの才能もないとか、人の役に立てることはないと思ってはいけません。

あなたにも、無限の価値があるのです。

それは、あなたに与えられた無限のエネルギーに気づき、無限の感謝が溢れてきたときに発揮されるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする