片想い? 復縁? 不倫? どうしたらいいか聞いてみた!

片想いは苦しいものですよねぇ。

私は子供のころから惚れやすいタイプだったのでw

隣の席の子にすぐに片想いをしましたw

何とか振り向いてほしいと、大げさに騒いで目立とうとしたものです。

復縁もそうです。

ケンカして「もう別れよう!」と突き放して、あとから寂しくなってよく考えると、やっぱり別れたくないということはよくあります。

相手の方はもうさっぱりと切り替えていて、辛い思いをすることも多いのではないでしょうか。

不倫だってしました。

これが臨死体験のきっかけになったので、いい経験だったのかなとも今になっては思います。

こうした「恋愛」にまつわる真実は、いったいどういうものなのでしょうか。

あめのもりみたまに聞いていきましょう!

片想いでいいんです!

今日も恋愛について聞いていきたいと思います。

まず片想いです。

片想いで苦しんでいる人はたくさんいると思います。

毎日毎日、相手に対する好意がどんどん募って、本当に苦しいものです。

ましてや、相手に恋人がいたりすると、どうしようもなく辛いものです。

片想いで苦しんでいる人たちは、どうすれば幸せになれるでしょうか。

というよりも、きっとどうすれば「両想い」になれるかを知りたいのではないかと思います。

そのあたりを教えてください。

結論は「片想いでいい」ということです。

もし両想いとなって付き合っても、結婚しても、自分のスタンスとしては「片想い」でいいのです。

それは、相手の好意を求める必要はないということです。

相手の好意を求めることは、付き合っていても、結婚していても、必ず「災い」となります

なぜなら、それは「幸せにしてほしい」という気持ちだからです。

何度もお伝えするように、人は「幸せになるため」にこの世に生まれてきます。

とても幸せになんかなれそうもない苦し環境で、それでも幸せになり、周りの人を幸せにすることが課題なのです。

相手を幸せにするのが自分の仕事であって、幸せにしてほしいと求めることは、不幸を呼ぶ引き金なのです。

もちろん、相手が自分を幸せにしてくれることもあります。

その時は、それを「もっと」と望むのではなく、「ずっと」と望むのでもなく、幸せにしてくれた以上に幸せにしようと思わなければいけません

片想いのスタンスとは、相手に幸せになってもらいたいという心のことです。

生まれてきた意味を考えると、相手を幸せにしようと思うことはよくわかります。

片想いをしているときは、少しでも相手に喜んでほしいとも思います。

でも、それだけでは、片想いの相手と付き合うことも結婚することもできないのではないでしょうか。

結婚に関して言えば、昨日お話しした通り、あらかじめ相手を決めています。

その片想いの相手がその人なら、心配はいりませんし、違うなら、どう頑張ってもほぼ無理です。

付き合うだけならチャンスあります。

どちらにせよ、「本当の意味で相手を幸せにしよう」という心でいること。

それから「自分を幸せにしてほしい!」「振り向いてほしい!」という心を捨てること。

これがポイントです。

そうは言っても、捨てきるのは無理でしょうね。

なので、なるべくそう思うようにしてください。

復縁したい!どうすればいいの?

次は復縁に関してですが、復縁についてはアドバイスはありますか?

やはり復縁も、相手が決まっていることだからどうしようもないのでしょうか。

結婚相手であっても、復縁したい相手であっても、たしかに最初から決めている人はいますが、この地上の世界で変更することもあるんです。

ですから、「絶対無理!」ということはありません。

問題は、自分にできることは限られているということ。

それは、片想いと同じです。

相手を幸せにしようという心を持ち、自分を幸せにしてほしい、振り向いてほしいと思わないこと。

相手が決めた人であっても、予定外の人であっても、フラれたということは、その人にふさわしくなかったということです。

もしくは、相手があなたにふさわしくなかったということです。

相手が「会いたくない。連絡しないでほしい」と願っているなら、それはそうした方がいいのです。

もし縁のある人なら、いずれ必ず再会します

それまでの間に、その人にふさわしい自分になっておくことが重要です。

その人にふさわしい自分はどんな自分でしょうか。

それを考え、再会できる日に備えてそういう自分をつくることです。

これが「復縁」のポイントでしょう。

たとえ再会できなくても、次の相手に出会ったときに、その人にふさわしい人になっているはずです。

不倫は正しいのか? 間違っているのか?

不倫というものに関して聞いてみたいと思います。

私は不倫を経験して大変な目にあいましたが、おかげで臨死体験を経験でき、あめのもりみたま様にあうことができました。

そう意味では、不倫も意味のあることなのかなと思いますが、実際は、不倫は意味のあることなのでしょうか。

結論を先に申し上げます。

「不倫は悪」です!

絶対にしてはいけません

その理由は、自分が生み出す幸せよりも、自分が生み出す不幸の方が圧倒的に多いからです。

人間は、幸せを生みだすために生きているのです。

植物や動物の生命を食し、それ以上の幸せ、「価値」をこの世に生み出す義務があるのです。

生きていれば、ほかの人に迷惑をかけることもあるでしょうし、いろいろな罪を犯すこともあるでしょう。

それでも、それ以上の幸福を生み出すことが勉強であり、仕事なのです。

不倫は、他の人をだまし、隠し、不幸しか生産しません

自分と相手は幸せになると思っているでしょうが、不倫をして本当に幸せになる人なんていません

本当に愛し合っているというなら、「SEX」抜きで付き合うことができるかを問うべきです。

結婚しなくても、恋人でなくても、相手を尊敬し合い、相手を幸せにしあう関係はあり得ます。

本当に愛し合っているというなら、そうあるべきなのです。

それができないなら、しょせん「SEX」を楽しみたくていろいろな人を不幸にしているだけに過ぎないのです。

厳しいお話ですが、不倫の中には、結婚を予定していた人もいるのではないでしょうか。

結婚を予定している相手は複数いて、さきにほかの人と結婚してしまっていることもあると聞きました。

それだと、不倫相手が自分の結婚相手だったということもあるはずです。

その場合、どう受け止めればいいのでしょうか。

確かにそういうことはあります。

でも、それはタクシー乗り場でタクシーを待っているようなもので、順番です。

先に並んでいる人が乗ったタクシーに、「それ私のタクシー」といって引きずり降ろすようなことはありえないはずです。

次のタクシーを待てばいいだけのことです。

ただ、可能性の話は残しておきたいと思います。

もし、あなたの「愛」が本物なら、SEX抜きで付き合いなさい

相手を尊敬し、本当の意味で幸せにしようと覚悟しなさい

それは、相手が家族と幸せに生きていくことです。

そのためには自分は邪魔だと思うなら、その人から去りなさい。

そういう「本物の愛」で相手を想うとき、これは片想いでも復縁でも同じですが、そういうときに可能性が出てくるのです。

ちなみに、管理者が不倫をきっかけに臨死体験をしたのは、不倫に意味があったのではなく、管理者がボンクラ過ぎたからです。

自分の計画した人生を、何一つ達成することなく、どうしようもない間違った生き方をしてきたからです。

よくよく反省してくださいよ。

まとめ

申し訳ありませんw

今日のお話は、非常に厳しいお話で、本当に苦しんでいる人にきちんと届くかどうか疑問です。

片想いの人は両想いになりたいし、復縁したい人は復縁したいはず。

不倫してる人は、そこから抜け出すことは簡単にはできないと思うんです。

そうした人に、もっと具体的にできることを教えていただけますか?

むしろ、両想いになりたければ、復縁したければ、相手のことを「本当に幸せにする」という気持ちは大切です。

また「幸せにしてほしい」という気持ちを捨てることも大変重要です。

幸せとは、「自分になにかをしてほしい」という求める心ではなく、「あなたに何かをしてあげたい」という与える心なのです。

そして、人がどちらの人を好きになるかは簡単なことですよね。

あとはやはり、その人にふさわしい自分になることです。

たとえば、遊びで付き合うとか、一夜限りで付き合うとかなら、ほかにも方法はあるのでしょう。

ただし、それは必ず「不幸」に結びつきます。

本当の自分の幸せと、本当の相手の幸せを考えるなら、こうしたアドバイスしかできないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする