スピリチュアリストが絶対語らない真実

人がこの世に生まれてくるには理由があります。

このブログでも、人はこの世に幸せになるために生まれてくると何度もお伝えしています。

しかし、実はもっと重要な理由があるのです。

その理由を、スピリチュアリストたちは絶対に語りません

それを話すと、たちまち「カルト」といわれるからです。

そうしたことを恐れ、多くのスピリチュアリストたちが口をつぐんできた真実を公開します

ある番組で、明らかに真実を隠した有名スピリチュアリスト

もう何年も昔になります。

ある心霊特集をしたテレビ番組で、当時一世を風靡したスピリチュアリストが、迷っている幽霊を成仏させるといった内容を放送していました。

その方は「インチキ」などではなく、本当にものすごい能力をお持ちだと思います。

内容は、教会に出てくる少女の霊だったと記憶しています。

その少女は、自分が死んだことに気づいているが、あの世に帰ることができず、教会なら自分を救ってくれるかもと、その教会に来たというのです。

こうしたことは、実際はよくあることです。

その時のスピリチュアリストの説明は「死んだことに気づいて、教会やお寺、神社に救いを求めてくる霊はたくさんいます」ということでした。

「宗教に縁があると、天使が迎えに来たり、仏様が迎えに来たりすることがあります。その人の知識に合わせて、一番わかりやすい格好でお迎えに来てくれるからです」というようなことを続けて話していました。

なのに最後には、「宗教を信仰していない方が、あの世にスムーズに帰れます」というような説明をしていました。

これは矛盾しています。

その人の知識に合わせて、わかりやすい方法で迎えが来るなら、宗教を信じている方があの世へ戻りやすいはずです。

人は、この不自由な世界に「信仰」をつかむために生まれている

私は、臨死体験を経験し、自分の守護霊と直接話し、なんのために人が生まれてくるのかということを教えられました。

あめのもりみたまは、こういいました。

地上において、もっとも難しいことを考えてみれば、おのずとなんのために生まれたかがわかります。

それは、「信じる」ということです。

「信じる」ことは、この地上では本当に難しい。

この難しいことができるかと問われているのです。

あなたは信じられますか?

この世界が、神によって創られ、あなたの生命も神によって与えられているということを。

時間というものを与えられ、成長することを許されていることを。

幸せという目的を与えられていることを。

このことに気づき、信仰したとき、本当の感謝が生まれてくるのです。

呼び方は何でもかまいません。

神でも仏でも、宇宙の意思でも、自然の意思でもいいんです。

ただ、世界の根源には「意志」があり、その意志によって、何もかも与えられているのだということを、信じられますか?

その「信仰」をつかむために、もっとも「信仰」が難しい世界に生まれてきているのです。

信仰は弱い人間のすることではなく、真に強い人間だからできること

人がこの世に生まれてくる本当の意味は、「信仰をつかむため」です。

それは、本当の幸せだからです。

この地上の世界で、正しい信仰をつかむことは本当に難しいことです。

目に見え、耳で聞き、鼻で嗅ぎ、肌で触れ、そうして人間は感じています。

見えず、聞こえず、嗅げず、触れられないものをどうして信じられるでしょう。

この世の世界では、「信じる」ということは本当に難しいことでしょう。

それでも、自分たちを創ったものを知り、時間という成長の機会を与えられ、幸せという成長の方向性を与えられていると信じられることは、真に強い人間であることの証明です。

これが、真実なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする