単純に、死んだらどうなるかの話

人は死んだらどうなると思いますか?

死んだらそれで終わり?

意識もなにもかもなくなって死体になる?

科学的にはそう思われていますよね。

ところが、私の経験からすると、人は死んでも意識はあるんです。

今日は単純に、人は死んだらどうなるのか?を聞いてみました。

心は脳の働きではない

たなは
人は死んだらどうなるのですか?
あめのもりみたま
人は死んでも意識はあるんです。それは心というものです。
たなは
科学的には、心は脳の働きだと言われていますが、心なんてあるんですか?
あめのもりみたま
心は脳の働きではありません。身体に心が宿って生まれるのです。
たなは
それは魂と言われているものと同じですか?
あめのもりみたま
厳密にはもっと細かく分類できるかもしれませんが、そう思っていただいていいです。

心と身体は伸縮する不思議な糸で繋がっている

たなは
それはエネルギーのようなものですか? 科学的には解明できないんでしょうか。
あめのもりみたま
エネルギーのようなものです。将来的には必ず解明されると思いますよ。
たなは
そうなんですか!
あめのもりみたま
こうした異次元の領域が解明されてくると、ワープやタイムマシンの技術に繋がってきますしね。
たなは
あめのもりみたま
話がそれましたが、人は心が本体で、伸縮自在な糸が頭で身体と繋がっています。これが切れたときが死んだということです。

死んだあとはどうなるの?

たなは
みんなが知りたいのは死んだあとのことだと思います。人は死んだら、なにか悟ったようにいろいろ理解できるのでしょうか? それともみんな幽霊のようになってしまうのでしょうか。
あめのもりみたま
どちらも正解とは言えません。死んでも何も変わらないというのが事実です。現代ではほとんどの人が自分が死んだことに気づかず、透明人間になってしまったか、空間がズレた世界に入ってしまったように感じています。
たなは
それは誰にも気づいてもらえないからですか?
あめのもりみたま
そうです。
たなは
自分が死んだことに気づいた人はどうなるんですか?
あめのもりみたま
死んだことに気づいた人は、お迎えが来ますので、お迎えに従ってあの世へ帰ります。心が生活している世界があるのです。

天国と地獄は実在する

たなは
昔から言われている天国と地獄は本当にあるのですか?
あめのもりみたま
あります。引き寄せの法則がはっきりしている世界なので、幸せな人同士が引き寄せあって天国をつくり、不幸な人同士が引き寄せあって地獄をつくっています。
たなは
誰かが分けたわけではないのですね。
あめのもりみたま
そうです。
たなは
地獄に堕ちないためにはどうすればいいのですか?
あめのもりみたま
それが大きな問題です。現代ではたくさんの人が地獄に堕ちて苦しんでいます。死ぬことはつらいことではありませんが、この世にとどまったり、地獄に堕ちることは本体につらいことです。地獄に堕ちないためには、幸せであることです。心が幸せであれば、天国に引き寄せられていきます。不幸であれば、不幸な世界に引き寄せられていくのです。

この世にとどまると幽霊になる

たなは
この世にとどまるとどうなりますか?
あめのもりみたま
自分が死んだことに気づかず、お迎えを拒否してこの世にとどまると、幽霊と呼ばれるようになります。それは幸せなことではありません。また、家族を心配し過ぎたり、土地や財産に執着していても、この世にとどまることになります。

死んだ方も葬る方も執着しないこと

たなは
家族を心配し過ぎても幽霊になるんですか?
あめのもりみたま
そうです。この世にとどまり家族に憑依するようになります。こうしたことの無いように、死んだらあとのことはさっぱり忘れてあの世に帰ることが大切です。また、残された方も、いつまでも悲しんでいると、その思いに引き寄せられてあの世に帰りたくても帰れないことがあります。これは帰りたいという思いが強いか、帰ってほしくないという思いが強いかで決まるのですが、大抵両親や家族、恋人に帰ってほしくないと思われると帰れなくなります。
たなは
そのままとどまったらダメなんですか?
あめのもりみたま
ダメです。なぜなら、ほとんどの場合不幸を呼ぶからです。とどまっても、遺族にはわかりませんので悲しみは消えません。その悲しみを間近で見ていると、不幸になっていきます。心が不幸になると悪いことを引き寄せ出します。
たなは
どうするのがいいんですか?
あめのもりみたま
残された方は、幸せになることです。私たちは幸せですから、あなたもあの世で幸せになってくださいねという気持ちが一番大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする