あめのもりみたまがあなたの悩みに答えます!①

ブログ開設してはや3カ月近くがたちますが、なんと、今回あめのもりみたまに悩みを相談してくださった方がいらっしゃいます!

本当にありがたいことです。

そこで、みなさんにもこのやり取りを見ていただいて、少しでもご自身の悩み解決につなげていただけたらと思います。

また、悩み相談は随時受け付けています!

今ならガラガラですのでw

ご相談者は「はちみつ」さん。看護師をされているようです。

ご相談内容

解雇になりました。
「看護は素晴らしい。だけど事務が抜けてるでしょう」、と。
猶予もなく、1か月後という唐突な事態。
辞めることが決まってから、これでもかと雇用主の前で私に患者さんが感謝の言葉を述べたり、褒めたり。
同僚は事務は完璧、ですが患者さんに対しての態度、思いやりのない人。
辞めることが決まってからも今まで通り、患者さんに出来ることを精一杯やって終えました。
こんなに一生懸命やったのに、あることないことつげ口されていたようで、なのに私はその人たちを信じて善きに計らい、この間抜けっプリに自分のことだけを考えて生きた方が正解なのか?
仕事出来ない人間だったのか?
色んな思いで自信をなくして、よし!次!ってなれず。
ダラダラ掃除もそこそこでちょっと暗い日々を過ごしています。
こんなに絶賛されて辞めるなら、神様はチャンスをくれたんじゃないか?と自分を励ましますが、やっぱりドヨーンとしてしまいます。
人生色々ありすぎて、生きにくい、生きるのめんどくさいと初めて?思っています。

たなは
はじめてのご相談です!

あめのもりみたま
本当にありがたいことです(合掌)

たなは
今回ご相談いただいた方は、内容からすると「看護師」さんのようです。

相談内容について、解答をお願いします。
あめのもりみたま
まず、文章からうかがえるのは、間違いなく「導かれている」ということです。

これは、はちみつさんの仕事がまずかったというよりは、はちみつさんの守護霊や関係している霊たちによって、転機を与えられていることがはっきりと伺えます。
そのため、これは間違いなくチャンスです。

変化は転機。転機はチャンス!

たなは
それはどういうところからわかるのですか?

あめのもりみたま
簡単なことです。

通常「解雇」などはめったにあることではありません。
それも猶予なくということであれば、これは、人知を超えた力が働いていることを表しています。

この「解雇」は、はちみつさん自身の未来にとって重要な意味をもちます。
ましてや、ここに相談を持ち掛けたことも、一連の流れとして繋がっています。
1つは、以前からやりたいことがあったのなら、それをはじめるチャンスだということ。
もう一つは、長所と短所を振り返って成長を目指すことです。

「看護はすばらしい」ということや、患者様のためにやってきたというのは、はちみつさんにとっての長所です。
これはどんどん伸ばすべきですし、そういう自分が発揮でき、さらに評価される仕事場を見つけるのがベストです。
今回の解雇はそのチャンスと見ていいでしょう。
問題は「事務ができていない」という部分です。
こちらは短所ですので、それほど時間を割いて取り組む必要はありませんが、最低限迷惑をかけない程度にこなせるようになることが大切です。

変化は進歩。むしろどんどん変化するべき。

たなは
今回の解雇は、したいことをするチャンスとのことですが、おそらくご本人はそうは思えないでいると思います。

なにか、具体的なアドバイスはありますか?

あめのもりみたま
この世は「変化」の世界です。
時間が与えられているので、必ず「変化」していきます。
にもかかわらず、たいていの人は「変化」を嫌います。
「安定」を望むのです。
天上の世界は、この世ほど激しい変化がある世界ではありません。
だからこそ、この変化の激しい世界で勉強しているのです
なにを勉強しているのか?
それは「幸せになること」です。
周りがどれだけ変化しようと、自分はいつも幸せであることが模範解答なのです。
優等生は、それだけではなく周りがどれだけ変化しようと、「ほかの人も幸せにする」ということを目指します。
そして、「変化」はいつも「進歩」です。
自分ではそう思えなかったとしても、確実に「進歩」しているのです。
今回のように、強制的にやってくる大きな変化は、確実に大きな進歩を表しています。
これは間違いなく「吉報」なのです。

ですから、まず自分は運がいいと思ってください。
はちみつさんはたくさんの優秀な守護霊に守られているのです。

お話からすると、あまりいい環境ではなかったと推察できます。
なので、はちみつさんにとってもっと「自分」を発揮できるよい仕事を、周りの霊は用意して待ってくれています。

そのうえで、具体的なアドバイスをするとするならば、先ほど言ったように、「患者様のことを一番に考えて看護する」という長所を活かし、伸ばすこと。
事務を迷惑が掛からない程度にこなせるようにするか、誰かに任せてしまうこと。

こうしたことに加えて、はちみつさんが信じていた酷い人たちも、はちみつさんが幸せにするべき人だったのだと気づくことです。
患者様も、同僚も、上司も後輩も、人間であることには変わりないのです。
なのに、人はそうしたレッテルを貼って、接っし方を変えてしまいます。
そうではなくて、上司に対しても、同僚に対しても、後輩に対しても、患者様に接するのと同じように接することです。
そのうえで、それでも相手が不幸なのは、もうその人本人の問題です。
そうです。
はちみつさんが信じていたのに裏切った人たちは、「不幸」なんです。
そう思いませんか?

今回の出来事は、そうした不幸な人とは波長が合わなくなったので、離れていったということです。
はちみつさんが「幸せ」であれば、幸せな人ばかりの職場に引き寄せられます。

少し落ち込むのも、よい休養になりますので、それはそれで構いません。
ただ、時期が来たら、ここに書かれたことをしっかりと思い出して具体的に行動してください。
①患者様を一番に考えて接する気持ちのような、本当のはちみつさん自身をしっかりと発揮する。
そういう職場を見つける。
あるいは、今までずっとしたかったことをはじめる。
②事務仕事など、短所でも、最低限迷惑をかけない程度に努力する。
どうしてもできないことは、できる人に任せる。
③自分を否定、拒否する人でも、自分の前に現れた人はみんな自分が幸せにするべき人。
④「幸せ」な心が幸せな環境を引き寄せる。
⑤「変化」はいつもチャンス。
とくに今回のような強制的な大きな変化は、守護霊たちが企画している大きな幸運のチャンスである。

こうしたことをよく理解してください。
必ずうまくいきます!

はちみつさんからの返信

涙が止まらない。

ガイドに繋がろうと努力するけど、私は聞こえないし、見えない。

ただ、フッと閃くだけ。

昼間も頑張ったけどなんにもなかった。

そのあとあめのもりみたまの相談フォームを見つけて、ガイドは答えをくれていると確信していたところです。

内容凄くよくわかりました。

患者さんと同じように同僚にも同じように接する、これは、ハッとしました。

私はオープンなので、人は私に言いやすいようで、相手の問題なのに私に頼り問題がすりかわる事が多いです。
そこのセパレートが今後の問題なのかと思っています。

本当は相談業務をしたいんです。
病児保育でも保育士さんに絶賛されて、お母さんたちも何人も泣かせた。
これはわかってもらえてうれしいの涙です。

車の運転もガイドの協力なバックアップがあるのは感じています!

見ず知らずの私に感動をありがとう!
あなたの仕事は素晴らしい!
私もいつかそのようになりたいです。

本当にありがとう!

こちらこそ本当にありがとうございました!

 喜んでいただけてうれしく思います。でも、私の場合、ガイド(あめのもりみたま)に任せっきりなんですけどねw

でも、このチャンスを生かして本当にしたいこと「相談業務」をはじめるべきだと思います。
本業でなくても、副業からでもいいでしょうし、友達の相談からでもいいでしょう。
はちみつさまなら、ガイドとつながることも訓練次第でできると思います。
その方法もブログで上げていきますね。

上げました!↓

そうした訓練からはじめるのもいいでしょう。

本当にありがとうございました!

みなさまからのご相談もお待ちしていますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする