痩せるのって本当は簡単?! 鍼灸師がすすめる引き寄せダイエット

痩せたい人はたくさんいます。

そのうち、どれくらいの人が痩せられるのでしょうか。

私は、普段鍼灸師としていろいろな患者様と関わっています。

そのなかで、「痩せた方がいいな」と思う人は10人中9人。

ほとんどの人が、食べ過ぎで体調を壊しているのです。

そういうわけで、なんとかしないと思って作ったのが「一口減らすダイエット」

これは効果が本当に高くて、半年で8㌔~12㌔痩せたという実例が出てきています!

今回は、そうした具体的な例と、引き寄せの法則、さらにはスピリチュアルな観点から、あめのもりみたまにも聞いていきたいと思います!

一口減らすダイエット

まずご紹介するのが「一口減らすダイエット」です。

これはその名の通り、毎食一口だけ減らすというもの。

私自身、10㌔ほど太ってしまったときに実践したものです。

そのころは、毎食お腹いっぱいになるまで食べていたので、自分で患者様に説明している通り、「もう少し食べたいと思うくらい」でやめるようにしました。

これは効果てきめんです。

ひと月で1㌔以上痩せますし、身体に影響は全くありません。

むしろ消化吸収がよくなって体調はかなりよくなります。

「ウツ」や「自律神経」に問題がある方はとくにおすすめの内容。

ポイントは、2つだけ。

毎食、必ず「もう少し食べたい」というところでやめておくということ

これだけです。

あとは、1日三食に絞って間食しないこと

デザートや甘いものが欲しい時は、食事の量を減らして食事の後に食べること

もし、「もう少し食べたい」というところでやめるのがきつければ、いつもより一口減らすだけでかまいません。

でも、これだとどうしても「我慢ができない!」ですよね。

実際、この方法でダイエットを続けるのは無理です。

満足感がないからです。

そこでひと工夫してほしいのは、「いつもよりいいものを食べる」とうことです。

早い話、量を減らして質をあげるということです。

実例で行くと、1日三食食べていた高齢者様が、1日二食にしてお刺身など好きな食材を食べるようにしたという例があります。

この方で半年で6㌔減。

私の場合もそうですね。

「もう少し食べたい」ところでやめ、土日にスナック菓子を食べていたのを刺身やサザエのつぼ焼きに変えて半年で10㌔減。

あたりまえのことですが、食べると体重は増えます。

これを減らすには、出すしかないんです。

出すのは排便、排尿、発汗の三つ。

運動するか、食べないか。

それしか体重を落とす方法はないのです。

世にあるダイエット方法のほとんどが、聞こえのいい方法ばかりで、この原則を完全に無視しています。

そうであるならば、食べるのを抑え、別の方法で満足感を得ることになりますよね。

それが「一口減らすダイエット」です。

減らすのは一口でいい。

間食はしないこと。

食べるものはいいものにしよう。

ポイントはこの三つだけなんです。

これによって、健康状態も非常によくなりますのでおすすめです。

引き寄せの法則でダイエット

続いては引き寄せの法則です。

引き寄せの法則では、「なんのためにダイエットするのか」が重要です。

水着を着たい。

彼を作りたい。

どんな服でも似合うようになりたい。

ダイエットにはいろいろな理由があると思います。

この理由が大切

引き寄せの法則では、「痩せているイメージ」というよりは、この理由の部分が叶ったイメージが重要なんです。

好きな水着を自由に着こなしているイメージ。

欲しかった水着を着られて、とてもうれしい気分。

この「いい気分」が、その状態を引き寄せます

イメージができず、「うんうん」と苦労してイメージをひねり出すのは逆効果。

それなら、好きな水着の写真を見て、「これ欲しいなぁ。これ欲しいなぁ。かわいいなぁ。かわいいなぁ」と「いい気分」でいるのがいいでしょう。

引き寄せの法則は、基本的に「欲しいものを手に入れた後の気分」が重要なのです。

だから、テレビの病気の特集で自分に同じ症状があった場合、「私はガンかも知れない」「入院や手術になったらどうしよう」「貯金はいくらあるだろうか」「保険は適用されるだろうか」と、本当にどうでもいいことまで考えて、「ガン患者の気分」を思い存分に味わいます。

だから、引き寄せなくてもいい「ガン」を引き寄せてしまうんです。

こんな人、あなたの周りにもたくさんいるでしょう。

ポイントは、願いが叶った妄想をして思いっきりいい気分になることです!

スピリチュアルなダイエット法ってあるの?

たなは
なにかスピリチュアルな観点からダイエットの方法ってありますか?

あめのもりみたま
たくさんありますね。

難しいかもしれませんけど……

たなは
あるんですね!

あめのもりみたま
あります。

たなは
それはどんな方法ですか?

あめのもりみたま
そうですね。

そもそも、太っているとか、太ってなくても体重が気になる。

あるいは、どうしても食べ過ぎてしまうということには、この世に生まれた課題や、前世の勉強のやり残しの部分が関係していることがあります。

いわゆる「カルマ」ですね。

たなは
珍しい話ですね。

あめのもりみたま
そうです。

私は、なるべく前世の話はしたくないのです。

今回の人生をどう生きるかは、前世は関係がありませんから。

ただ、ヒントとなる部分はあるでしょう。

今回の人生で、どうしてもできないことは、前世でもどうしてもできなかったか、あるいは逆にとてもできた可能性があります。

食べ過ぎてしまう人は、前世でも大食らいだったか、もしくは飢えていた可能性があるということですね。

たなは
へぇ。

だから今回も食べてしまう、今回こそは食べてしまうんですか?

あめのもりみたま
そうです。

まぁ、これは極端な例ですけどね。

そうした場合、心を落ち着けて、「今は食べ物は豊富だから、そんなに食べなくても大丈夫なんだよ」って自分に説明してあげる必要があります。

たなは
なるほど~。

あめのもりみたま
さらに、前世でも大食らいだった人は、今回の人生ではそれを改められるかを学んでいるわけですから、今踏ん張らないと、来世でも同じ課題をすることになるのです。

次の人生でも、同じように太って、同じように痩せたい痩せたいと悩むことになります。

そんなのいやでしょう?

たなは
すごいいやです!

結局は、自分の心との対話が重要

あめのもりみたま
問題なのは、「食べてしまうには理由がある」ということに気づいていても気づいていないふりをすることです。

体重が、太るとか痩せるとか、バランスを崩すということは、心のバランスが崩れているからです。

これが体重だけではありません。

借金がある、持病がある、人間関係がうまくいかないなど、いろいろな問題の根源は、心のバランスを崩していることにあります

そのため、この心のバランスが整ったときに「奇跡」が起きます。

ガンが一夜にしてなくなったり、とんとんと話がうまくいって結婚出来たりするのです。

たなは
心のバランスをとるには、一体どうしたらいいんですか?

あめのもりみたま
これはですね。

毎回同じことを言うようで恐縮ですが、「心からの感謝に目覚める」ということです。

それは、自分自身への感謝でもあります。

自分以外のものや人、環境への感謝でもあります。

また、目に見えない大いなる力への感謝でもあります。

そうしたもので溢れて、おいおいと泣いて、心を洗われたとき、すべてが嘘のように変化し始めるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする