結婚ってかんたん?! 引き寄せの法則で結婚を引き寄せる!

結婚したいですよねぇ。

年を重ねると焦りますし、焦るとろくな相手が見つかりません。

どうしたらいいのでしょうか。

ところで、「結婚」っていったい何のためにするのか、考えたことはありますか?

子どもを育てるため?

家族を作るため?

相手が好きだから?

じゃあ離婚するのはなぜ?

今回は、あめのもりみたまに「結婚」の意味を聞きながら、どうしたらよい結婚ができるのかを聞いていきましょう。

結婚とはなにか?

たなは
結婚ってなんですか?

あめのもりみたま
なんだと思っていますか?

たなは
子どもを育てるためとか、家族をつくるためとか、そういうことですか?

あめのもりみたま
もし、そういう「種の保存」が目的であるなら、もっと他にいい方法があると思いませんか?

たなは
どうでしょうか。

あめのもりみたま
それに、LGBTとか、子どもができない結婚も数多くありますよね。

そうした結婚には意味がないと思いますか?

たなは
そうは思いませんね。

やっぱり、縁のある人と苦楽を共にすることに大きな意味があるように思います。

あめのもりみたま
そうですね。

そうしたことから見えてくるのは、結婚とは、人生のパートナーづくりということですね。

たなは
そのままですね。

あめのもりみたま
そうです。

ただ、苦楽を共にするだけではないんですよ。

お互いに学び合うことが目的です

たなは
学び合う?

あめのもりみたま
そうです。

なんどもお伝えしているように、人はこの世に幸せになるために生まれています

まずは、自分を幸せにすることができるか

次は、自分の周りを幸せにすることができるか

そして、理想を実現することができるかという段階を踏んで学んでいるのです。

その過程で、自分を堕落させないこと、他の人を不幸にしないことという二つのルールがあります。

この世界が天国のようなところであれば、幸せになることは簡単ですし、周りを幸せにすることも、理想を実現することもそれほど難しくはありません。

なので、この地上は、難しい環境が準備され、自分も他人も幸せになりにくく、理想も実現しにくい「現実」が用意されているのです。

その中で、どこまでできるかを学んでいるのです。

これが基礎です。

そして、結婚とは、この課題を一緒にこなすパートナーをつくるということです。

たなは
一緒に成長していくパートナーということですか?

あめのもりみたま
そうです。

このパートナーも、優秀で、優しくて、自分が何も努力しなくても、自分を幸せにしてくれて相手も幸せでいてくれるような人であれば、まったく勉強になりませんよね。

なので、このパートナーも、わざわざ自分の欠点を厳しく指摘し、長所を発揮させてくれないような、難しい相手を選ぶことが多いのです。

そのように、欠点を指摘され、長所が発揮できない中で、自分も相手も幸せにできるかどうかを学ぶことになるのです。

たなは
w思いあたる節はありますが、かなりきつい設定ですね!

今の話を聞いていると、なんだか疲れてしまいます。

この世は厳しいんですね。

あめのもりみたま
いや、そうでもないんですよ。

人は、「頑張らなくてもできること」より「頑張ればできること」を選ぶものなんです。

その方が「幸せ」だからです。

たなは
言われてみれば、そうですね……

幸せにしてもらうより、してあげる方が幸せになれる

あめのもりみたま
このように、「結婚」というものの意味をもう一度しっかりと考えることです。

相手に幸せにしてもらうのではなく、相手と一緒に幸せになるということ。

自分が相手を幸せにする義務があるということです。

それが、本当は一番幸せだからです。

そうすると、「年収は1000万円以上がいい。身長は180くらいで筋肉質、優しくて、家事も子育てもしてくれないと嫌」と条件をあれこれつけるのは無駄。

そういう結婚をすると必ず失敗します。

結婚の意味が理解できていないからです。

たなは
でも、お話を聞いていると「結婚」=「修行」といったイメージで良いものに思えないんですがw

あめのもりみたま
でも、本当の幸せって、そういうものですよ。みんな幸せになりたいんでしょ?

だったら「幸せにしてください」「幸せにしてくれる結婚」じゃなくて、「幸せにします!」「幸せにする結婚」を選択するべきです。

これはね、ごく簡単なことなんですよ。

「欲しい! くれ!」という人と、「あげる! どうぞ!」という人がいたら、どちらの人を大事にしますか? という話です。

たなは
「あげる」って人を大事にします。

あめのもりみたま
でしょ?

だから、「私があなたを幸せにしてあげる」というスタンスで結婚した方が、「あなたが私を幸せにしてください」というスタンスで結婚するより、大事にされるということです

幸せな結婚を引き寄せる相手の選び方

たなは
結婚相手を見分ける方法はありますか?

以前、結婚相手は生まれる前に候補を決めているという話を聞きましたが。

あめのもりみたま
そうですね。

結婚相手を選ぶには、まず「相手を尊敬できること」が大切。

尊敬できない相手は結婚対象外にしてください。

次は「相手に感謝ができること」

「この人に会えてよかった。本当に出会えてよかった」と心から感謝できる相手であれば、結婚相手の可能性は大です

結婚したいなら結婚を忘れろ!

たなは
結婚の持つ意味についてはよくわかりましたけど、本当に結婚したい人は、今すぐにでもしたいと思っているはずです。

そういう人たちは、どうしたらすぐに結婚を引き寄せることができますか?

あめのもりみたま
まずは「結婚」を忘れることですね。

たなは
はぁ?!

あめのもりみたま
結婚したいということを、もうあきらめてしまうことです。

たなは
結婚したいのに?!

あめのもりみたま
そうです。

世の中は不思議なもので、「したいしたい」と思っているうちはできないことがよくありますが、どうでもよくなると叶うものなんです。

たとえばアトピー性皮膚炎なども、「痒い痒い治したい治したい」と思っているとなかなかよくならないんですが、「もういいや。あきらめて一生付き合っていこう」と思うと急によくなるようなことがあります。

これは、まさに「引き寄せの法則」なんです。

たなは
なにがなにを引き寄せているんですか?

あきらめると引き寄せないような気がしますけど。

あめのもりみたま
頭の中で、四六時中「結婚」について考えている間は、結婚できない嫌な気分をずっとまき散らしているんです。

これが、せっかくの「結婚のチャンス」を遠ざけていることがよくあります。

結婚できない状況を「引き寄せ続けている」のです。

たなは
はーなるほどー。

幸せな結婚を引き寄せる考え方

あめのもりみたま
幸せな結婚を引き寄せるには、まず、幸せな結婚をイメージしていい気分になることです。

どちらかというと「妄想」のように自由で楽しい方がいいです。

そのうえで、尊敬でき、感謝できる相手を選ぶこと

「私があなたを幸せにします」というスタンスでいること。

そして、結婚のことばかり考えずに、自分にできること、仕事でも趣味でもなんでもしっかり楽しむこと

そうしていると、必ず幸せな結婚を引き寄せます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする