引き寄せの法則って結局どういうこと? 本当にあるの?

引き寄せの法則をご存知でしょうか。

すべてのことは、自分の心の「波長」が引き寄せている結果だという法則です。

たとえば、病気であったり、健康であったり、貧乏だったり、お金持ちだったり、失恋だったり、結婚だったり、合格だったり、倒産だったり、こうしたできごとは、すべて自分の心が引き寄せているという法則のことです。

「そんなはずないじゃん」

そう思いますよね。

ふつうはそう思いますよ。

好きで病気をする人はいませんし、好きで倒産する人も相当なもの好きですよね。

失恋も不合格も、借金も、自分で引き寄せてるなんて言われたら腹が立つものです。

「そんなことができるなら、こんな生活してません! もっといい生活してます!」

そう思いますよねぇ。

それでも、引き寄せの法則はこの地上だけでなく、天国や地獄でもそのベースになっている重要な法則なのです。

もっとも簡単な例は、「気の合うもの同士が集まる」というものでしょうか。

これならなんとなくイメージができますよね。

水は水、油は油で集まるというのもわかりやすいかもしれません。

これは、「同じ性質のもの同士が引き寄せ合う」という法則に基いています。

これが「引き寄せの法則」です。

この法則は、あの世での方がはっきりしています。

あの世は物質のない世界ですので、波長、波動のみの世界です。

幸せな波長、波動が集まって天国を作り、不幸な波長、波動が集まって地獄を作っています。

あの世には、波長、波動を遮るものがないので、はっきりと分かれます。

この地上の世界は、物質の世界ですから、自分の波長、波動ひとつでも、身体という「囲い」の中にあり、ほかにも、さまざまな物質的壁があるため、あの世ほどはっきりとしてすぐに表れてこないのですが、確実にこの法則は働いています。

問題は、「波長、波動」です。

身体がどうであっても、「波長、波動」が引き寄せるのです。

では、「波長、波動」とは何でしょうか。

引き寄せの法則では「潜在意識」という言葉を使うことが多いです。

こうしたことなども含めて、引き寄せの法則を自由に使いこなすにはどうしたらいいのか、あめのもりみたまに聞いていきたいと思います。

結論は、「人生は思い通りに生きることができる」ということです。

引き寄せの法則が事実なら、当然ですよね。

引き寄せの法則ってなに?

たなは
引き寄せの法則って、結局なんですか?

あめのもりみたま
引き寄せの法則は、すべての世界に共通の法則です。

同じ性質、同じ波長のものが引き寄せ合うという法則です。

たなは
とても簡単な説明ですが、わかるようでわかりませんね。

あめのもりみたま
わからなければ、似た者同士が集まる法則と思ってください。

たなは
それもよく言われますよね。

あめのもりみたま
そうですね。

そんな法則が働いている実感がない

たなは
現実的に、引き寄せの法則なんて法則が働いている実感は全くないと思うんですよ。

嫌なことばかり起こるし、望んでいないことばかり起こります。

引き寄せたいことは実際には何も引き寄せないのが現実的な実感だと思います。

あめのもりみたま
そうですね。

わかります。

たなは
どうして、引き寄せの法則があるのに「思ったものを思ったとおりに引き寄せない」んですか?

あめのもりみたま
実際のところは、「思ったものを思ったとおりに引き寄せている結果だ」というのが正解ですね。

たなは
でも、病気になりたい人なんか実際はいないと思いますし、本人もそういいます。

それでも病気の人はたくさんいます。

私だって、貧乏なんか大嫌いですが、ずーっとお金で苦しんでいました。

あめのもりみたま
そうですね。

そこが本当にみなさんが苦しんでいらっしゃるポイントだと思います。

引き寄せの法則は「波長、波動」が大事で、それは「気分」

たなは
本当に引き寄せの法則が働いているなら、そういうところも説明できますか?

あめのもりみたま
もちろんです。

引き寄せの法則は、あなたのように自分に嘘をついたりしません。

嘘がつけないんです。

お金持ちになりたいといいながら、本心ではそれを恐れている。

それが、あなたがお金を引き寄せず、貧乏を続けてきた理由です。

たなは
それは、今の私には本当によくわかる言葉なんですが、はじめての人にはわからないと思います。

ほかにわかりやすい説明はありますか?

あめのもりみたま
そうですね。

簡単なのは、今までも何度も言っているように、「気分」の問題です。

たなは
というと?

あめのもりみたま
自分が出した気分と同じものを引き寄せるんです。

病気の気分だと病気を引き寄せ、貧乏の気分だと貧乏を引き寄せます。

これには、「病気になりたくない」とか「お金持ちになりたい」という希望はまったく関係がありません。

逆に、そんな人はいませんが「病気になりたい」と思っていたとしても、健康なイキイキした気分でいると病気にはなれません。

あなたが出している「貧乏の気分」が貧乏を引き寄せているのです。

たなは
貧乏の気分と言われると、その通りですよね。

あめのもりみたま
「お金が欲しい」とか「病気になりたくない」とか「結婚したい」とかいう気持ちは、正反対の気分でいることが多いわけです。

それが状況を悪化させていきます。

ガン患者が闘病すると悪化し、あきらめると改善するのがいい例ですね。

ガン患者の中には、あきらめて余命のあるうちにお世話になった人にお礼を言って回るようなことをする人がいますが、そうした人に限って綺麗に治ってしまうことがあります。

これは「ガン患者の気分ではなくなった」ということです。

叶えたいなら、叶った気分で生きること

たなは
思ったものを引き寄せるには、その気分になることが大切なんですね。

あめのもりみたま
そうです。

たとえば、エルメスのカバンが欲しいとします。

そうすると、それをイメージするとか、手に入った自分をイメージするとか、そういうことを引き寄せの法則ではよく言います。

写真を貼っておくとか、色や形まで細かくイメージするといいますね。

それはそれでもかまいませんが、大事なのは、それが手に入った気分で過ごすことです。

それを持っている人はどんな人でしょうか。

たなは
お金持ちでおしゃれなイメージですかね。

あめのもりみたま
そうですね。

少なくとも貧乏で暗いイメージはないですよね。

その人はどんな気分で生活していますか?

たなは
明るくて、楽しそうに生活しているように思います。

とてもいい気分だと思います。

あめのもりみたま
そうです。

そういう「気分」になることで、その状況を引き寄せます。

引き寄せるのは「気分」なんです。

気分を阻むのは罪悪感や自責の念、不安、恐れ

たなは
なかなかそういういい気分になれないんですよねぇ。

あめのもりみたま
そうですね。

それは罪悪感や自責の念が大きいです。

たなは
自分を責める心ですか?

あめのもりみたま
そうですね。

他には、不安や恐れです。

たなは
それはよくわかります。

自分がお金持ちになって、付き合う人の層が変わると思うと、貧乏でもいいかなとおじけづくことが最近あります。

ホリエモンみたいな人と対等に付き合う自信がないw

あめのもりみたま
ものごとの嫌な面は見なくていいんですよ。

楽しいことだけ想像して、楽しいイメージだけしてればいいんです。

また、自信がないというのも引き寄せの法則を使いこなせない理由としてよくあげられます。

これは、自分の価値にしっかりと気づくことです。

人生は気分通りになるもの

たなは
引き寄せの法則は、思ったとおりのものを引き寄せるというよりは、気分通りのものを引き寄せるということですね。

あめのもりみたま
そうです。

いくら自分で「いい気分いい気分」と自分をだましてもダメで、本当に感じている気分が引き寄せるんですね。

だからこそ、普段から何事にも感謝して、いい気分でいることが大切なんです。

人が一番いい気分な時は、感謝ができるときと、人に親切にできたときなんですよ。

そういう機会を増やすことが、引き寄せの法則を使いこなすには必要なことなんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする