波動は相互に影響し合う~第2回~

前回は、すべてのものは「光の粒」でできていること、光の粒には「波動」があること、「波動」は相互に影響し、同じものを引き寄せるというお話をしてもらいました。

これは引き寄せの法則の根本的な基本になります。

そこで、今回は、「波動は相互に影響し合う」という部分をもう少し踏み込んで聞いていきたいと思います。

波動の三要素

たなは
本日は、「波動の性質」についてお伺いしていきたいと思います。

波動は相互に影響するということですが、これについて詳しく教えてください。

あめのもりみたま
はい。

そうですね。

波動には、強さ大きさ持続性があります。

弱くて小さくて短い波は、強くて大きくて長い波にのまれてしまいます。

このことは「引き寄せの法則」を実際に実践していくうえで非常に重要となってきます

いいですか?

強くて大きな波動を、ずーっと持続的に出しつづけていると、自分に向かってくる単発的な弱くて小さな波動の影響を受けることはあまりありません。

これを、わかるように話すとすると、大リーグに行くという夢を持っている人が、周りの人たちに「そんなの叶うわけがない」「現実見ろ」「無理だ」と言われてもそんな話に耳を傾けず、大リーグの選手になるというケースです。

「大リーグの選手になる」という強くて大きい波動を子どものころからずーっと出しつづけていると、「そんなの叶うわけがない」といった単発的で弱くて小さな波動の影響を受けないわけです。

たなは
その話を聞くと、相互に影響していないように聞こえますが。

あめのもりみたま
そうですね。

波動が強くて大きくて持続的な場合、「ポッ」とでるような弱くて小さくて単発の波動には影響を受けることはありません。

ただ、逆はあります。

「夢なんか叶わない」とすねた人生を送っている人がいて、実は内心は「夢を叶えたいなぁ」と思っている場合。

この場合、「夢なんか叶わない」という波動は、弱くて小さなものですが、おそらくずーっとそう思っているのでしょう。

そうした場合、強くて大きな波動を持った人が、単発で「ボッ」と「夢は叶うんだ!」と大砲のように波動を出すと、コロッと影響されることがあります。

これは自己啓発系のセミナーなどでよく見られることですよね。

たなは
ということは、「強さ」と「大きさ」と「時間的な長さ」のトータルで強い方が影響を与えるということですね?

あめのもりみたま
そうですね。

重要なのは持続

たなは
このうちでもっとも重要なのはどれですか?

あめのもりみたま
もちろん「時間的な長さ」です。

これが「継続は力なり」ということの理由です。

小さくて弱い波動でも、継続すると力になります。

影響力を持つようになってきます。

それは、持続すること継続することで、波動が「強く」「大きく」なっていくからです。

たなは
やっぱり続けることは大事なんですね。

あめのもりみたま
幕末の志士の話を聞いて、「こんな風に生きたい!」と影響を受けても、しばらくすると戻ってしまいますよね。

ところが、吉田松陰のような方がそばにいて、ずっと影響を与えていると、確実に波動が変わっていくということですね。

大きな強い波動では、その時だけで戻ってしまいますが、持続して影響を与え続けることで確実に変化していきます。

必ず相互に影響している

たなは
「相互に」というのはどういう意味でしょうか。

あめのもりみたま
そうですね。

確かに、強くて大きな波動は、弱くて小さな波動には影響を受けにくいのですが、波動と波動は、ぶつかると必ず波形に変化が起こります

これが「相互に影響する」という理由です。

ほんのわずかであっても、必ず波形を変えることができるのです。

イチロー選手のように、強くて大きな波動を出しつづけている人でも、ゴシップ誌の批判には影響を受けるので、批判は一切見ないと工夫されているそうです。

親が子供から学び、先生が生徒から学ぶのも、相互に影響するからですね。

念力と愛

あめのもりみたま
もう一つお伝えしておかなければいけないのは、この波動の大きさを決めるものは「志」であるということです。

志が大きい人ほど、波動は大きくなります。

志とは理想と言い換えてもいいでしょう。

たなは
志ですか。

あめのもりみたま
波動の「強さ」「大きさ」「持続性」を一般には「念力」と呼ぶこともあります。

念力が強いというのは、この3つの要素が強いことを言います。

ところが、実は、波動を強く、大きく、持続させるのにはもう一つの要素があります。

それが「愛」です。

ヒトラーなどは念力で、吉田松陰は愛がその影響力の源になっているのです。

まとめ

たなは
本日も、難しい内容となったように思います。

簡単なようで、とても難しいですね。

あめのもりみたま
聞いたことがない内容ですからね。

今日のポイントは、波動には「強さ」「大きさ」「持続性」の三つの要素があること。

さらには、その内最も重要なのは「持続性」であること。

波動は、必ず相互に影響し、わずかでも波形を変えていること。

その三つの要素の源には、念力と愛があること。

こうしたことを理解しておくと、のちのち引き寄せの法則がうまく働きます。

しばらくは難しく感じるかもしれませんが、しっかりとついてきてくださいね。

第1回

第3回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする