「志」とは、あなた自身のことです~第6回~

前回は、志の話をしようとしてズレてしまいました。

まとめると、人と付き合うには3つのパターンがあるということ。

①何もしなくても気が合う人

②努力すれば気が合う人

③頑張っても気の合わない人

でした。

また、③の人とはなるべく関わらず距離をとることが大切であることを学びました。

ただし、実はこの③の人こそ、親切を実践しなくてはいけない人であるのです。

そのため、かなり「下心」に敏感で、なにかウラがないかと勘繰ってきますし、自分の欠点を適切に指摘してくれます。

こうした人と付き合うには、「智慧」が必要です。

「智慧」とは、表面ではなく、本質を知り、本質から解決する力です。

これは、「出せる波動の種類を増やす」ということでもあり、それができれば、②の「努力すれば気の合う人」が増えていくということでした。

では本日こそ、「志」の話に入りましょう。

親切の実践と大切の実践の本当の意味

たなは
今回は「志」の話をお願いします。

あめのもりみたま
そうですね。

「親切の実践」と「大切の実践」はできていますか?

たなは
紙に書いて貼っておくとか、スマホでアラーム設定をしておくとかしないと、すぐに忘れてしまいますね

なるべく取り組むようにしています。

あめのもりみたま
それではダメ。

「なるべく」などという言葉はあてになりません

これに関しては100%を目指してください。

100%を目指して80%できるといった程度でしょうから。

たなは
わかりました。

あめのもりみたま
大変なのは、なにごとも慣れるまでです。

慣れるまでは、全力で取り組んでください

出会った人すべてに親切にしてください。

使うものすべてを大切にしてください。

気持ちの問題です。

具体的に席をゆずれたかとか、荷物を持ってあげたかということではありません。

「幸せな気分にできたか?」ということです。

あなたが仏頂面していて、目の前の人は幸せな気分でしょうか。

あなたがうつむいて挨拶もしなければ、目の前の人は幸せな気分でしょうか。

そうしたことを考えて毎日を過ごすことです。

たなは
わかりました。

あめのもりみたま
実は、「志」のはじまりはこの部分にあるのですよ。

志とは理想である

たなは
どういうことですか?

あめのもりみたま
そもそも、志って何だと思っていますか?

たなは
世の中のためにという強い意志のようなものでしょうか。

あめのもりみたま
なるほど、面白いですね。

たなは
答えはなんですか?

あめのもりみたま
そうですね。

答えはありません。

「志ってなんですか?」と聞いて、「○○です」と答えたそれが「志」でしょう。

あなたにとって「志」は「世の中のためにという強い意志」だということですね。

たなは
それと、親切の実践がどうつながるのですか?

あめのもりみたま
実は、「志」とは、「理想」でもあるのです。

理想とは、現実に負けるものではないことは以前にお話ししました。

理想とは、現実を材料にして必ず達成すべきことです。

また、なにが自分という人間を決めているかというと、それは姿でも、顔でも、特技でもなく、「理想」だとお話ししました。

たなは
はい。

あめのもりみたま
理想はその人自身です。

志もまたその人自身です。

夢もその人自身です。

たなは
それと親切の実践は繋がりますか?

あめのもりみたま
最終的には繋がるんですが、今は置いておきましょう。

自分を縛る心を捨てる

たなは
では、どうすれば自分の志や理想、夢をはっきりさせることができますか?

あめのもりみたま
ひとつは、自分を縛る心を捨てることです。

たなは
自分を縛る心?

あめのもりみたま
そうですね。

お金がないとか、時間がないとか、学歴がないとか、才能がないとか、自信がないとか、そういう、自分を縛る心ですね。

たなは
それはどういうことですか?

あめのもりみたま
お金があり、時間があり、学歴があり、才能があり、自信があり、自分を縛るものが何もなければ、あなたは何をするかということです。

それが理想であり、志でしょう。

日本に生まれたからとか、男に生まれた、女に生まれた、病気をしている、障害があるなど、そんなことは関係がありません。

自分を縛るすべてのものから自由になったとき、自分はどうしたいのか、それが理想です。

志の実践

たなは
どうやったらそんなことできるんですか??

あめのもりみたま
その方法を実践していきましょう。

基本的には瞑想になります。

守護霊との会話の時にもやりましたね。

今回も、瞑想の実践が必要です。

方法を学び、毎日必ず行うようにしてください。

瞑想の方法

①静かな邪魔の入らない部屋で行うこと

②体を締め付けない楽な服装

③どんな姿勢でも構わないので、長時間座れるように楽に座る

④軽く目を閉じ、深呼吸をする。

⑤短く吸って長く吐く。

⑥はじめは呼吸に集中し、いろいろなことが思い浮かんできてたら呼吸に意識を戻す。

あめのもりみたま

心が落ち着いてきたら、自分の理想を考えてみましょう。

自分を縛るものがすべてなくなれば、どうしたいか。

何がしたいのか。

それをゆっくりとイメージしてみましょう。

試しに「理想を発見する瞑想」をやってみよう

あめのもりみたま
それでは、実際にやってみましょう。

楽な姿勢で座ってください。

椅子の上でも、畳の上でも構いません。

軽く目を閉じて、深呼吸をします。

短く吸って、長く吐きます

1、2、3で吸って、4、5、6、7、8で吐きます。

身体の中の空気を吐ききるつもりで、細く長く吐きましょう。

普段、身体の緊張が強い人は、長く吐けない傾向があります。

無理をせず、少しずつ長く吐くように意識してください

たなは
硬くならずにリラックスするんですよね?

あめのもりみたま
そうです。

身体の力を抜いてください。

心のなかに浮かんでくるいろいろなことも、呼吸と一緒に吐いてしまうイメージです。

たなは
だんだんと落ち着いてきました。

あめのもりみたま
それでは、しばらく呼吸を意識して、心の中で吐く息を数えてみましょう

吸って……

吐いて……1

吸って……

吐いて……2

吸って……

吐いて……3

たなは
……

あめのもりみたま
しばらく続けてみましょう。

理想をイメージする

たなは
……

あめのもりみたま
心の中が静かになったら、イメージをはじめてみましょう。

お金や時間、才能、自信、そんなことは考えなくてもいいです。

あなたが、本当にしたいことはなにか

それをイメージしてください。

しばらくイメージに没頭してみましょう

たなは
……

イメージはできるか

あめのもりみたま
スムーズにイメージできますか?

たなは
……最初は難しいですね。

あめのもりみたま
そうでしょうね。

毎日続けていくうちにイメージが固まってくると思います。

それまでは、「あれしたいな。これしたいな」という感じで好きなことを思い浮かべるといいですよ。

何を感じるか

たなは
……そんな軽い感じでいいんですね。

あめのもりみたま
そうですね。

問題は、「いい気分」になることです。

楽しくイメージできるか、いい気分でイメージできるか。

そこが最も重要です。

なかなか思い浮かばずにイライラしたり、イメージをコントロールしようとすると、しんどかったり、やりたくなくなったりします。

そうならないように、楽な気分で、楽しく、ワクワクした気分でやるようにしてください。

できないときは呼吸を数え、心を落ち着ける程度に抑えておくといいでしょう。

たなは
いい気分でイメージすることができています。

あめのもりみたま
それでは、キリのいいところで深呼吸をして目を開きましょう

理想を発見する瞑想が意味するものとは?

あめのもりみたま
どうでしたか?

たなは
楽しかったですね。

うまくできました。

あめのもりみたま
それは良かったです。

たなは
これには、どういう意味があるのですか?

あめのもりみたま
そうですね。

前に少し話しましたが、すべての人は「幸せ」を目指しています

自分の幸せ、自分の愛する人たちの幸せですね。

それから、世の中が幸せでなくては、社会が成り立ちませんよね。

もし日本が戦争中なら、自分の幸せだけ成り立つなんてことは、今よりずっと難しいはずです。

そうすると、自分の心を縛るすべてのモノを取り払ったときに、自分の幸せや自分の愛する人たちの幸せを求めるなら、「世の中がすべて幸せ」であることが一番なわけですよ。

理想とは、究極はそういったところまで行くんですね。

これが、波動の要素の一つの「大きさ」となっていきます

たとえば、瞑想で「漫画家になりたい」「看護師になりたい」「YouTuberになりたい」といった夢をイメージしていただいていいですし、それがみなさん方自身なんですが、共通の方向性としては「世の中すべてを幸せにしよう」というものがあるということです。

漫画家として、看護師として、YouTuberとして、世の中を幸せにしていくという方向性があるということです。

これが志の瞑想の大切なところです。

もちろん、もっと具体的に「いや、欲しい服を引き寄せたいんです」「お金を引き寄せたいんです」「健康になりたいんです」「彼氏が欲しいんです」「理想の体型になりたいんです」と思っている人はたくさんいると思いますが、まずはここからスタートです。

引き寄せの法則のやり方の中には、叶うことからやっていく方法もあるんですけど、逆に一番「幸せ」な波動を強く大きく出せるようになれば、なんでも簡単に手に入るようになります

ですので、毎日「親切の実践、大切の実践、理想を発見する実践」を続けてくださいね

たなは
わかりました。

第7回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする